和豚もちぶたロースカツ かつれつ 四谷たけだ  (洋食エリーゼが改名)

画像

本日(9/29)にたまたま仕事でJR四ツ谷駅前近くに行っており、昼食で1時間ほど時間があったので、久しぶりに、しんみち通りの「洋食エリーゼ」に向かいました。ビーフトマト定食でも食べようと、店前の10人ほどの行列に並んでいると、店員さんがやって来て、メニューを手渡されましたが・・・あれっ? ビーフトマトが無い? オムライスも無くなっていている?? フライパンで調理する炒め物系が全て無くなっていて、カツレツ、フライ物、カレー中心のメニューに一新されてしまっているではないですか。

この段階になって、店名が、「洋食エリーゼ」から「かつれつ 四谷たけだ」に変わっていることに初めて気が付きました。いやぁ~びっくりです。いつも行列が絶えることがない人気店で、業態や店名を変える必要は全く無いと思うのですが、なぜか変えたのでしょうか。

予定が狂ってしまい、注文品に迷いましたが、メニューには書かれていない、店の外壁に貼られていた特別メニューの限定10食「和豚もちぶたロースカツ定食」1300円をオーダーしました。

ほどなくカウンター席に案内されると、調理場におられた店主は変わってないですね。その昔購入して、保存している柴田書店MOOK「料理百科」平成9年5月号で、キッチン・エリーゼのメンチカツのレシピを紹介されている竹田雅之さんという方です。店名は店主のお名前から来ているようですね。

とんかつの登場の前に、2種類の塩が運ばれて来ました。ベトナム産の塩と島根県産の藻塩だそうです。塩で味わうと美味しいとんかつなので、最初は塩で味わってみてくださいとのことでした。

登場したとんかつは、黄金色をした厚手のふんわりと柔らかい衣をまとっており、肉は脂が適度にのったリブロースといった感じの部位です。塩を少し付けて食べてみると、もっちりとした食感の肉の旨味が噛みしめるごとに口の中に拡がります。文句なく美味いです。

淡い色の柔らかな衣と、肉のバランスからみると、私の経験したとんかつでは、とん太@高田馬場の特ロースかつに似たような感じですね。肉のボリュームとしては、ランチサイズ的ですが、この上質な肉を比較的安価に食べることができることは有り難いことです。

画像

かつれつ四谷たけだ
住所:東京都新宿区四谷1-4-2 峯村ビル1階
TEL:03-3357-6004
営業時間:11:00~15:00(L.O) 17:00~21:00(L.O)
*土曜日は昼のみ営業
定休日:日曜・祝日

行列している間に、メニューを携帯電話のカメラで撮影しましたので、ご参考のために、このブログにのせておきます。


画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • ppp

    『四谷 洋食エリーゼ』出身シェフが、四谷荒木町で『キッチンたか』という洋食屋をやっています。
    2011年10月02日 17:19
  • ミカミ

    pppさん
    「キッチンたか」の情報ありがとうございます。
    荒木町は、懐かしい場所です。
    昔、勤務先が一時期この近くにあったので、昼、夜と
    うろうろしていました。

    近くに行く機会があれば、ぜひうかがってみます。
    2011年10月04日 20:36
  • コバケン

    ここうまいですよね。でもチト高いのでしょっちゅうはいけないですね。名前変わったのは今テレビで知りました。
    2011年12月03日 23:59
  • ミカミ

    コバケンさん
    コメントありがとうございます。
    そうですね、少しだけ高いですかね。
    昔、勤め先の本社が四谷三丁目にあった頃には、時々
    昼食に利用していました。
    2011年12月04日 21:58

この記事へのトラックバック